PAGE TOP

屋根の雪おろしの方法・手順について

屋根に沢山の雪が降り積もってしまうと、雪の重みで屋根に悪影響を及ぼす恐れが出てきます。だからこそ屋根の雪下ろしは重要になり、しっかりと雪下ろしのコツなどを抑えることが大切です。このページでは屋根の雪下ろしの方法などを紹介します。

雪下ろしの方法

雪下ろし作業は毎年のように死亡事故が発生するほど、非常にリスクの高い作業です。自分の身を守るためにも正しい手順で行う必要があります。ここでは一般的な屋根の雪下ろしの方法について紹介するので、ぜひチェックしてください。

  1. 動きやすく、防寒性の優れた服装を着用する。またヘルメット・命綱・墜落防止用器具・防寒性ゴム手袋・ゴム長くつなどの道具も装着し、準備を行います。
  2. ロープをスノーダンプやスコップにカルビナやフックで連結させます。できればエイトノックという結び方をしましょう。
  3. 梯子を屋根にかけ、他の作業者が屋根に上るのを見守るようにします。
  4. ロープを引っ張り、スノーダンプやスコップを引き上げます。さらに屋根アンカーを掘り出し、命綱をアンカーに引っ掛けます。
  5. 引き上げたスノーダンプやスコップからカルビナなどを外します。屋根の中央部から雪を滑らせるように除雪を実施。
  6. 次に身体を横向きに変え、両端にある雪をスノーダンプなどで屋根を滑らせるように除雪します。ただし屋根の下側には絶対に近づかないように注意してください。
  7. 綺麗に除雪しすぎてしまうと滑りやすくなるので、10~20㎝ほどの雪を残すようにしましょう。作業が終われば、スノーダンプやスコップをロープに結び付けて、屋根から降ろします。
  8. 命綱をアンカーから外し、屋根から梯子を使って、ゆっくりと降りてください。

参照元:有限会社 鈴文|雪下ろしマニュアル[PDF](https://www.suzubun.info/pdf/yukioroshi202010jp.pdf

雪下ろしに使う道具は?

屋根の雪下ろしを行うためには、スコップ・雪庇切り・スノーダンプ・樋などの道具を活用します。

スコップ

丸形と四角い形があり、丸型は運べる雪の量は少ないですが、硬い雪には適しているといった特徴があります。四角い形は量もしっかりと運べるため、ほとんどの家庭では四角いスコップを活用しているようです。鉄・アルミ・プラスチックなどで作られており、プラスチックは軽いので使いやすいですが、硬い雪によって割れる恐れもあります。

雪庇切り

軒についている雪・つららを落とすための道具です。

スノーダンプ

プラスチック製のアイテムも増えており、軽量化も進んでいます。屋根の雪下ろしだけでなく、家周囲の除雪作業にも活用可能です。

滑り台のような方法で雪を下すための道具です。樋を用いることで、狙った場所に雪を下すことができるでしょう。

雪庇・つららへの対処法

雪庇・つららを放置してしまうと、外気に触れることによって落下する危険性があります。もし人の頭の上に落下すれば、大きな被害を招く恐れがあるでしょう。だからこそ早めに対処することが大切です。

屋根の上から落とす方法

屋根の上でスコップなどを使い雪庇やつららを落とす方法があります。非常に効率的に取り除けるというメリットはありますが、どこまでが屋根なのかが難しく、落下する危険性は高い方法です。もし屋根の上で作業をするのであれば、屋根の位置を正確に把握する・周辺に人がいないかどうかを確認するようにし、慎重に作業を進めていきましょう。

地上から落とす方法

屋根の上で作業を行うとなれば、どうしても事故につながる恐れがあるため地上で作業をしたいと考える方も少なくありません。その場合には雪落とし棒を用いて、ひとつずつ丁寧に除去していきましょう。

屋根から落とした雪の除雪は?

屋根から落とした雪の除雪には、除雪機が用いられるケースが多々あります。除雪機を活用すれば、雪を簡単に遠方に吹き飛ばせるなどのメリットがあり、空き地などに溜めておく場所に運びやすくなるでしょう。ただ除雪機は取り扱い方によって事故につながる恐れもあるので、かならず取扱書の指示に従って使用することが大切です。

RECOMMENDATION
おすすめの除雪機メーカー 3選

除雪機専門メディア「雪ブンブン」では、主要な除雪機メーカー9社・125製品をとことん調査。調査で浮かび上があった各メーカーの特徴をピックアップ!どのメーカーの除雪機を選べばよいのかわからない方は、ぜひ参考にご覧ください。

高性能で馬力のある
除雪機のラインナップが豊富
国産
メーカー
ワドー
  • ホンダの除雪機製造をはじめ、クボタ・ヤンマーの除雪機をOEM製造。品質の高さは同業者からも支持されている老舗メーカー
  • 自社で開発・製造をしているため、扱いやすさを追求した除雪機が魅力!
こんな人におすすめ
  • 馬力があり、扱いやすい除雪機が欲しい
  • たくさんの除雪機の中から、自分にあうものを探したい
対応タイプ
小型
中型
大型
2万円~10万円代の小型で
低価格な除雪機が豊富
中国
メーカー
ハイガー
  • 中国の自社工場で一括生産体制を組むことにより、安価を実現!
  • 楽天・ヤフー・AmazonのECサイトで手軽に購入が可能
  • 日本語の説明付きで、組み立ても簡単
こんな人におすすめ
  • 収納に困らないコンパクトな除雪機がほしい
  • ちょっとした庭先の除雪やママさんダンプより楽に除雪したい
対応タイプ
小型
中型
大型
運転時の騒音を軽減する
静音モデルの除雪機が豊富
国産
メーカー
ヤマハ
  • 手押しの小型から中型の除雪機で、静音モデルタイプを展開!
  • エンジン部を囲い込んで騒音を低減する静音設計だから、深夜や早朝の除雪作業にも◎
こんな人におすすめ
  • ご近所さんが隣接しているので、運転音が軽減された除雪機が欲しい
対応タイプ
小型
中型
大型
今回調査した
除雪機メーカー
ワドー(和同) / ホンダ / クボタ / ヤマハ / ヤンマー / 工進 / フジイコーポレーション / ハイガー / ヤナセ
選定基準

「除雪機 メーカー」とGoogle検索、表示された上位9位のメーカーをピックアップ。(2022年1月7日調査時点)
・豊富なラインナップ…9メーカーのうち、最も除雪機が多かったメーカー(ワドー(和同))
・低価格…9メーカーのうち、最も低価格の除雪機を多く扱っているメーカー(ハイガー)
・静音モデル…9メーカーのうち、最も静音モデルが多かったメーカー(ヤマハ)