PAGE TOP

雪かき中の心臓発作・心筋梗塞への対策

雪かき中に、心臓発作や心筋梗塞を引き起こす事例が後を絶ちません。ここでは、雪かきが心臓発作や心筋梗塞を引き起こす理由や、対策方法も紹介します。

雪かきによる心臓発作・心筋梗塞の被害

雪かきによる、心臓発作や心筋梗塞のリスクが指摘されています。米ネイションワイド小児病院の研究チームが調べた1990年~2006年のデータによると、雪かき中に心臓に損傷を負って死亡した事例は1,647件。

2014年11月半ば、米ニューヨーク州バッファローでは豪雪がありました。雪かき中に死亡したのは少なくとも2人以上といわれており、「雪かきによって何百人もの人が毎年死亡している」と考える医師もいます。

参照元:BBCニュースジャパン(https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-35397864

雪かきで心臓発作・心筋梗塞のリスクが高くなる理由

なぜ、雪かきによって心臓発作や心筋梗塞のリスクが高くなってしまうのでしょうか?ここでは、雪かきが心臓発作や心筋梗塞を引き起こす理由を解説します。

雪かきは体の負担が大きい

シャベルで除雪した場合、エアロビクスと同等の運動量があるといわれています。エアロビクスの運動量は6METs。雪かきも6METsの運動量があるとされており、通常の歩行時の運動量3METsの倍の負担が身体にかかっています。

雪かきには、腕の力はもちろん、腰や足といった全身を使います。雪かき作業中は酸素の消費が激しくなりますが、このとき心臓は一生懸命血液を全身に送って酸素を運んでいます。つまり、心臓には大きな負担がかかっている状態なのです。

さらに、雪かき中は息を止めてしまいがちな点も、心臓へ負担を与える原因です。

寒さにより心臓に負担がかかる

雪かきは、当然寒い時期に行います。しかし、寒さは心臓に大きな負担を与えるといわれています。

寒い環境では、交感神経が緊張し、心臓や全身の血管が収縮します。すると血圧が高くなり、心臓へ負担をかけます。身体は酸素を必要としていますが、収縮した血管は酸素が不足している状態。寒さによって血液の粘度も増していますから、心筋梗塞や狭心症、脳出血などを引き起こすリスクが高いのです。

とくに雪かきは朝に行うことが多く、昼間よりも気温が低い環境です。そこに準備運動もせずに雪かきをしてしまうと、力む動作によって血圧や心拍数が上昇し、心臓発作や心筋梗塞を引き起こします。

雪かきで初めて狭心症と診断されたら要注意

雪かき中に異変を感じ、狭心症と診断された人は多くいるそうです。

狭心症には、胸の圧迫痛や胸痛を覚える特徴があります。以前から階段を昇る・重い荷物を持つなどの動作をしたときに症状が出る場合は「労作性狭心症」と診断され、慢性の狭心症です。症状に心臓が慣れているため、雪かき中に大きな問題に発展する可能性はそれほど高くないでしょう。

しかし、たとえば雪かき中に初めて狭心症の症状が出た場合、「不安定狭心症」と診断されます。不安定狭心症は、発症後3ヵ月以内に急性心筋梗塞や心臓突然死を引き起こす可能性が高いといわれています。そのため、すぐに受診する必要があります。

参照元:ウインターライフ推進協議会|「雪かきと健康:安全対策」(https://www.yukikaki.jp/f8_01.html

雪かき時の心臓発作・心筋梗塞への対策は?

豪雪地帯で暮らす人にとって、雪かきは生活に欠かせないもの。「心臓の負担になるから雪かきは辞めておこう」となれば良いのですが、そういうわけにはいきません。

そこで、雪かきを始める前に準備を行いましょう。外に出る前に水分を摂り、ストレッチなどで身体をほぐします。防寒対策もしっかりと行い、準備が整ったうえで外に出るようにしましょう。

なお、雪かきは軽い作業から始めることが大切です。作業中に呼吸を止めたり、力んだりしてはいけません。少しずつ雪を運び、水分補給も忘れずに。苦しいと感じたらすぐに中止すべきです。

また、雪かき作業後は、汗をかいています。そのままでは身体を冷やしてしまうため、着替えて整理運動を行い、水分を摂りましょう。

参照元:南富良野町公式HP|雪の季節を前に 雪かきと健康について[PDF](https://www.town.minamifurano.hokkaido.jp/koho/pdf/web0811/081109.pdf

関連記事一覧
RECOMMENDATION
おすすめの除雪機メーカー 3選

除雪機専門メディア「雪ブンブン」では、主要な除雪機メーカー9社・125製品をとことん調査。調査で浮かび上があった各メーカーの特徴をピックアップ!どのメーカーの除雪機を選べばよいのかわからない方は、ぜひ参考にご覧ください。

高性能で馬力のある
除雪機のラインナップが豊富
国産
メーカー
ワドー
  • ホンダの除雪機製造をはじめ、クボタ・ヤンマーの除雪機をOEM製造。品質の高さは同業者からも支持されている老舗メーカー
  • 自社で開発・製造をしているため、扱いやすさを追求した除雪機が魅力!
こんな人におすすめ
  • 馬力があり、扱いやすい除雪機が欲しい
  • たくさんの除雪機の中から、自分にあうものを探したい
対応タイプ
小型
中型
大型
2万円~10万円代の小型で
低価格な除雪機が豊富
中国
メーカー
ハイガー
  • 中国の自社工場で一括生産体制を組むことにより、安価を実現!
  • 楽天・ヤフー・AmazonのECサイトで手軽に購入が可能
  • 日本語の説明付きで、組み立ても簡単
こんな人におすすめ
  • 収納に困らないコンパクトな除雪機がほしい
  • ちょっとした庭先の除雪やママさんダンプより楽に除雪したい
対応タイプ
小型
中型
大型
運転時の騒音を軽減する
静音モデルの除雪機が豊富
国産
メーカー
ヤマハ
  • 手押しの小型から中型の除雪機で、静音モデルタイプを展開!
  • エンジン部を囲い込んで騒音を低減する静音設計だから、深夜や早朝の除雪作業にも◎
こんな人におすすめ
  • ご近所さんが隣接しているので、運転音が軽減された除雪機が欲しい
対応タイプ
小型
中型
大型
今回調査した
除雪機メーカー
ワドー(和同) / ホンダ / クボタ / ヤマハ / ヤンマー / 工進 / フジイコーポレーション / ハイガー / ヤナセ
選定基準

「除雪機 メーカー」とGoogle検索、表示された上位9位のメーカーをピックアップ。(2022年1月7日調査時点)
・豊富なラインナップ…9メーカーのうち、最も除雪機が多かったメーカー(ワドー(和同))
・低価格…9メーカーのうち、最も低価格の除雪機を多く扱っているメーカー(ハイガー)
・静音モデル…9メーカーのうち、最も静音モデルが多かったメーカー(ヤマハ)