PAGE TOP

圧雪(アイスバーン)はどうやって除雪する?

このページでは、圧雪(アイスバーン)が発生する仕組みや、圧雪を安全かつ適切に除雪する際のポイントなどをまとめています。

圧雪(アイスバーン)について

圧雪(アイスバーン)は文字通り雪が圧力によって押さえつけられている状態です。例えば歩行者によって歩道の雪が踏み固められたり、車のタイヤによって車道の雪が押し固められたりして発生します。

アイスバーンは通常の雪のように柔らかい状態でなく、強く押しつけられることで硬くなり、氷のように圧縮されていることが特徴です。そのため圧雪となった雪は普通の雪よりも滑りやすく、転倒事故の原因になりやすいといった危険性があります。

砂箱の砂や凍結防止剤の使用に注意

北海道を含むの雪国や北国において「砂箱」と呼ばれるものがあります。砂箱は、凍結した道路の滑り止めを目的として散布される砂(滑り止め材)をしまっておくための容器であり、雪国や北国などの毎年必ず雪が降るエリアで見かけられることが特徴です。またその他にも、道路上に積もった雪を凝固点降下という科学的な作用で溶かすために、塩化ナトリウム(塩)や塩化カルシウム、塩化マグネシウムといった凍結防止剤・融雪剤が使用されることもあります。

このような砂箱の砂や融雪剤によって圧雪のリスクを軽減できることもありますが、海水が金属を錆びさせるように融雪剤が自動車の部品へ悪影響を与えたり、公道の融雪剤や砂箱の砂を自宅敷地内へ持ち帰ることは禁止されていたりと、デメリットや注意点があることも事実です。また庭へ融雪剤をまくと植物を枯れさせる危険もあります。

そのため圧雪に砂や融雪剤で対応しようとする場合は、個人で必要な薬剤や滑り止めを購入したり、地道に除雪作業を行ったりしなければなりません。

圧雪の除雪方法

硬くて丈夫な道具を使う

圧雪であっても基本的な除雪の考え方は通常の雪に対する場合と同様です。ただし、圧雪は硬く踏み固められている上、凍結して氷の膜や板のようになっていることもあります。一般的には鉄製の角スコップやツルハシといった硬くて強度のある道具を利用してください。なおプラスチック製はもちろん、アルミ製のスコップも柔らかく変形する恐れがあります。

スコップの角で氷を剥がす

スコップの角やツルハシの先を使って凍結した圧雪を割り、さらに雪と道路の隙間からスコップを差し込んで地面を覆う氷を剥がしましょう。

なお、圧雪の範囲が広くて一気に剥がせない場合は氷を割って細かくすることも有効です。剥がした圧雪はそのまま側溝へ排除します。

安全に作業できる日に行う

圧雪の除去や処理には相応の力が必要になり、普段の雪かきとは異なった姿勢や体勢で動かなければならないこともあるでしょう。そのため転倒や事故に気をつけながら、安全に作業できる日に行うことが大切です。

RECOMMENDATION
おすすめの除雪機メーカー 3選

除雪機専門メディア「雪ブンブン」では、主要な除雪機メーカー9社・125製品をとことん調査。調査で浮かび上があった各メーカーの特徴をピックアップ!どのメーカーの除雪機を選べばよいのかわからない方は、ぜひ参考にご覧ください。

高性能で馬力のある
除雪機のラインナップが豊富
国産
メーカー
ワドー
  • ホンダの除雪機製造をはじめ、クボタ・ヤンマーの除雪機をOEM製造。品質の高さは同業者からも支持されている老舗メーカー
  • 自社で開発・製造をしているため、扱いやすさを追求した除雪機が魅力!
こんな人におすすめ
  • 馬力があり、扱いやすい除雪機が欲しい
  • たくさんの除雪機の中から、自分にあうものを探したい
対応タイプ
小型
中型
大型
2万円~10万円代の小型で
低価格な除雪機が豊富
中国
メーカー
ハイガー
  • 中国の自社工場で一括生産体制を組むことにより、安価を実現!
  • 楽天・ヤフー・AmazonのECサイトで手軽に購入が可能
  • 日本語の説明付きで、組み立ても簡単
こんな人におすすめ
  • 収納に困らないコンパクトな除雪機がほしい
  • ちょっとした庭先の除雪やママさんダンプより楽に除雪したい
対応タイプ
小型
中型
大型
運転時の騒音を軽減する
静音モデルの除雪機が豊富
国産
メーカー
ヤマハ
  • 手押しの小型から中型の除雪機で、静音モデルタイプを展開!
  • エンジン部を囲い込んで騒音を低減する静音設計だから、深夜や早朝の除雪作業にも◎
こんな人におすすめ
  • ご近所さんが隣接しているので、運転音が軽減された除雪機が欲しい
対応タイプ
小型
中型
大型
今回調査した
除雪機メーカー
ワドー(和同) / ホンダ / クボタ / ヤマハ / ヤンマー / 工進 / フジイコーポレーション / ハイガー / ヤナセ
選定基準

「除雪機 メーカー」とGoogle検索、表示された上位9位のメーカーをピックアップ。(2022年1月7日調査時点)
・豊富なラインナップ…9メーカーのうち、最も除雪機が多かったメーカー(ワドー(和同))
・低価格…9メーカーのうち、最も低価格の除雪機を多く扱っているメーカー(ハイガー)
・静音モデル…9メーカーのうち、最も静音モデルが多かったメーカー(ヤマハ)