除雪機専門メディア‐雪ブンブン‐ 失敗しない除雪機購入GUIDE » 除雪機の基礎知識 » 除雪機はどこに置けばいい?保管場所の決め方
PAGE TOP

除雪機はどこに置けばいい?保管場所の決め方

除雪機は保管場所を決めてから、購入することをおすすめします。保管場所がないと、購入してから困ることになるからです。「外に置いておけばいい」という方もいるかもしれません。結果、すぐサビてしまい使い物にならなくなるリスクがあるのです。除雪機の保管場所のポイントについて解説します。

保管場所はどこを選べばいいのか

野ざらしはNG

「除雪機の保管場所なんて野ざらしでいいんじゃない?」結論からいえばNGです。たとえば自動車なら、海辺の近くでない限り大丈夫かもしれません。しかし除雪機も同じように考えていると、取り返しがつかなくなります。高いお金を出して購入し、ちょっと経つと動かなくなったでは、笑い話にもなりません。

自動車は長期的に外で使うものという前提で設計されています。保管も車庫や地下で守られるとは限らず、青空駐車も多いです。雨風が原因でも動かなくなるような重要な機械構造部分には、アルミや鉄でガードがほどこされています。タイヤの駆動部分も少々のことでは壊れません。

除雪機は違うのです。除雪機は自動車ではなく農機具で、活躍する期間は1年中ではなく限られています。軽さやコストという点で、雨風から守るような部分を削っているのです。

もし、自動車レベルで雨風や雪にも強いなら野ざらしでもかまいません。その分、守るための部品と加工が必要となり価格は跳ね上がります。そのことを踏まえると、補完しなくても大丈夫とはいえないのです。野ざらしだと下手をすれば1年経過する頃にはサビだらけで、動かなくなることもあります。

屋根がある場所を基本に考える

除雪機の保管場所は、屋根があることを大前提にしてください。自動車やバイクを入れている車庫でもかまいません。農機具は屋根のある保管場所に置くのが鉄則です。メーカーも除雪機の保管場所は屋根のある車庫や農機具小屋を推奨しています。壁に囲まれているならなおのこと適しているのです。

「除雪作業をするときは雪に当っているのだからそこまで徹底しなくても大丈夫ではないか?」と疑問に感じる方もいるかもしれません。ただ、除雪作業は1週間続けて行ったり、雪や雨や風に当たり続けたりすることはないのです。

除雪機は1年中使用するものではありません。保管場所がないからと野ざらしにして、雨風、真夏日は紫外線、台風の影響を受けたりするとダメージが大きいです。自動車のように野ざらしで放置できるような耐久力や防御力もありません。

屋根のある保管場所に置かないと、寿命が縮むだけです。最悪の場合、除雪で困ったからと春先に買い、外に置いて日常の雨風や陽に当たり、いざ冬に使おうとしたら動かないといったようにすぐに壊れる可能性もあります。除雪機を長期的に使用するためにも保管場所にこだわりましょう。

土や砂利がある場所は避ける

実は屋根があるだけでは十分な対策といえません。地面が舗装されておらず土がむき出しなら、除雪機にダメージを与える可能性があります。理由は地面から出てくる湿気です。雨はしのげても湿気の影響でサビが発生します。

除雪機の底はカバーがないことも多く、湿気を防ぐものがありません。除雪機を動かすための重要な構造部分がむき出しです。除雪機の構造部分に地面から発生した湿気が悪影響を与えます。構造部分にサビが生じれば、動かしたいときに動かないケースも出てくるのです。

屋根があっても油断できません。車庫でも農機具小屋でも、地面が土や砂利なら、除雪機を守るために湿気対策が必要です。保管場所の環境整備も求められます。

コンクリートがある場所を選ぶ

除雪機を長く使用するためには、地面からの湿気対策のため、コンクリート舗装も視野に入れてください。コストはかかりますが、除雪機を長期間使用することが前提なら考慮しておきましょう。他に保管場所があり、コンクリートの地面なら移動も検討してみてください。

舗装が困難なら防水シートも対策になります。応急処置に近い方法ですが、地面の上に置くよりは効果が期待できるでしょう。防水シートを敷いても湿気があるようなら、やはりコンクリート舗装を検討したほうがいいでしょう。

保管場所に悩んだら

ケージ型簡易車庫も選択肢に入れる

車庫や農機具小屋がないならケージ型の簡易車庫も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。たとえば、敷地内にスペースがあり、一画だけコンクリート舗装を行い、その上にケージ型やテント型の車庫を設けるのです。ケージを採用する場合、防水シートで覆えば野ざらし状態になりません。

業者へ依頼することも可能

除雪機の保管場所がないなら、最終的に業者に依頼するのも選択肢のひとつです。業者の中には、オフシーズンに除雪機の保管サービスを提供しているところもあります。保管場所がないなら有効な手段です。

修理業者が保管サービスを行っている場合、メンテナンスや点検をしてくれるところもあります。単純に保管だけのサービスを提供しているところもあり、ニーズや料金に合わせて選択してください。自宅搬入をしてくれるところなら、手間や負担も省けます。

関連記事一覧
RECOMMENDATION
おすすめの除雪機メーカー 3選

除雪機専門メディア「雪ブンブン」では、主要な除雪機メーカー9社・125製品をとことん調査。調査で浮かび上があった各メーカーの特徴をピックアップ!どのメーカーの除雪機を選べばよいのかわからない方は、ぜひ参考にご覧ください。

高性能で馬力のある
除雪機のラインナップが豊富
国産
メーカー
ワドー
  • ホンダの除雪機製造をはじめ、クボタ・ヤンマーの除雪機をOEM製造。品質の高さは同業者からも支持されている老舗メーカー
  • 自社で開発・製造をしているため、扱いやすさを追求した除雪機が魅力!
こんな人におすすめ
  • 馬力があり、扱いやすい除雪機が欲しい
  • たくさんの除雪機の中から、自分にあうものを探したい
対応タイプ
小型
中型
大型
2万円~10万円代の小型で
低価格な除雪機が豊富
中国
メーカー
ハイガー
  • 中国の自社工場で一括生産体制を組むことにより、安価を実現!
  • 楽天・ヤフー・AmazonのECサイトで手軽に購入が可能
  • 日本語の説明付きで、組み立ても簡単
こんな人におすすめ
  • 収納に困らないコンパクトな除雪機がほしい
  • ちょっとした庭先の除雪やママさんダンプより楽に除雪したい
対応タイプ
小型
中型
大型
運転時の騒音を軽減する
静音モデルの除雪機が豊富
国産
メーカー
ヤマハ
  • 手押しの小型から中型の除雪機で、静音モデルタイプを展開!
  • エンジン部を囲い込んで騒音を低減する静音設計だから、深夜や早朝の除雪作業にも◎
こんな人におすすめ
  • ご近所さんが隣接しているので、運転音が軽減された除雪機が欲しい
対応タイプ
小型
中型
大型
今回調査した
除雪機メーカー
ワドー(和同) / ホンダ / クボタ / ヤマハ / ヤンマー / 工進 / フジイコーポレーション / ハイガー / ヤナセ
選定基準

「除雪機 メーカー」とGoogle検索、表示された上位9位のメーカーをピックアップ。(2022年1月7日調査時点)
・豊富なラインナップ…9メーカーのうち、最も除雪機が多かったメーカー(ワドー(和同))
・低価格…9メーカーのうち、最も低価格の除雪機を多く扱っているメーカー(ハイガー)
・静音モデル…9メーカーのうち、最も静音モデルが多かったメーカー(ヤマハ)