除雪機専門メディア‐雪ブンブン‐ 失敗しない除雪機購入GUIDE » 除雪機の基礎知識 » 除雪機の移動はエンジンをかけないとできない?
PAGE TOP

除雪機の移動はエンジンをかけないとできない?

降雪シーズンが終わって、倉庫などに除雪機を移動させようという場合、エンジンを始動させれば難なく行えますが、音や排気ガスの影響も気になるところ。エンジンをかけずに除雪機を移動させる方法についてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

基本はエンジンをかける必要がある

そもそも除雪機は、多くのメーカーにおいて「エンジンをかけて動かすもの」という考えが基本になっています。「保管時はエンジンキーを抜く」という注意呼びかけは、動かす時はエンジンを始動するということの裏返しでもあるのです。しかし、現実にはガス欠やエンジントラブルなどで、エンジンが止まってしまうこともあり得ます。そうした場合の対処方法も、実はありますので、知っておいてください。

エンジンを使用せずに移動できる機能を持つ除雪機は存在する?

数としては少数派になりますが、エンジンを使用せずに移動させることができる機種は存在しています。

ハイブリッドエンジン搭載モデル

ひとつ目に挙げられるのが、「ハイブリッドエンジン」搭載のモデルです。

細かくみていくと、ホンダ製の「ハイブリッドエンジン」除雪機は、単純に移動させると言う場合には、エンジンを始動させず、電動モーターだけを動かして移動させることができるようになっています。自動車の分野でも、早朝や深夜などの住宅街では、エンジンを使わずモーターで移動するということができますが、そうしたノウハウを応用しているのですね。

手押し式除雪機

もうひとつは、手押し式機能を備えた除雪機になります。例えばホンダ製であれば非ハイブリッドの小型除雪機には「手動切り替えレバー」を備えており、エンジンを始動させず人力で移動させることが出来るようになっています。

またヤマハ製の小型除雪機である「ゆっきい」は、元々、除雪機能のみにエンジン動力を活用し、移動は人力で行うという仕組みとなっています。

ただし、これらの手押し式は除雪機のなかでも限られた存在。またこれら以外の機種、とりわけ中型や大型の除雪機となると、人力で動かすのはなかなか困難といえるでしょう。

除雪機をエンジンをかけずに移動させる方法もある?

一部の小型の除雪機には人力かつ受動で移動させられるものがありますが、あくまでも例外的な存在。手押し機能を持たない除雪機を移動させるためには、以下のような「裏ワザ」を使う必要があります。

クローラーのシャフトピンを抜く

除雪機の多くは、ベルト状のクローラーを回転させて雪上を進む方式となっていますが、その動力はシャフトを介してクローラーに伝えられており、シャフトとクローラーはシャフトピンで固定されています。

ガス欠やトラブルなどでエンジンが動かなくなってしまった場合には、このシャフトピンを抜くと、クローラーがフリー状態となり、人力で押して移動させることができるようになります。

移動をさせ終わったら、必ずシャフトピンを差込み、シャフトとクローラーをしっかり固定してください。忘れたままエンジンを始動してしまうと、思わぬ事故につながりかねません。またピンを抜いた状態で保管することも厳禁。地震や強風などはもとより、何かの拍子で動き出してしまうことも起こり得ます。移動させ終わったら必ずピンを戻す、これを徹底してください。

簡易車庫を利用する

もうひとつは、市販されている「簡易車庫」を、除雪機の台車として活用するというやり方になります。この「簡易車庫」はコンテナ式のメッシュパレットで出来ており、スロープも備わっているので、除雪機を乗せたり降ろしたりも簡単に行えます。そして脚部分には耐荷重量1トンのキャスターが装着されており、とても頑丈。

エンジンをかけた状態で、この簡易車庫に除雪機を乗せたらエンジンを停止。その上で、台車のように簡易車庫を移動させ、倉庫などに移動させることが出来るようになります。頑丈なつくりとなっているためコストはそれなりにかかりますが、移動や収納を便利に行えるようになるのは、間違いないと言えるでしょう。

いざというときに備えて除雪機の移動方法も考えておこう

繰り返しになりますが、除雪機というものはエンジンの動力で移動させるのが基本ですが、トラブルなどで動かせなくなる事態は十分起こり得ます。そうした場合に移動させるにはどのような方法があるのかをあらかじめ知っておけば、適切に対処できます。

RECOMMENDATION
おすすめの除雪機メーカー 3選

除雪機専門メディア「雪ブンブン」では、主要な除雪機メーカー9社・125製品をとことん調査。調査で浮かび上があった各メーカーの特徴をピックアップ!どのメーカーの除雪機を選べばよいのかわからない方は、ぜひ参考にご覧ください。

高性能で馬力のある
除雪機のラインナップが豊富
国産
メーカー
ワドー
  • ホンダの除雪機製造をはじめ、クボタ・ヤンマーの除雪機をOEM製造。品質の高さは同業者からも支持されている老舗メーカー
  • 自社で開発・製造をしているため、扱いやすさを追求した除雪機が魅力!
こんな人におすすめ
  • 馬力があり、扱いやすい除雪機が欲しい
  • たくさんの除雪機の中から、自分にあうものを探したい
対応タイプ
小型
中型
大型
2万円~10万円代の小型で
低価格な除雪機が豊富
中国
メーカー
ハイガー
  • 中国の自社工場で一括生産体制を組むことにより、安価を実現!
  • 楽天・ヤフー・AmazonのECサイトで手軽に購入が可能
  • 日本語の説明付きで、組み立ても簡単
こんな人におすすめ
  • 収納に困らないコンパクトな除雪機がほしい
  • ちょっとした庭先の除雪やママさんダンプより楽に除雪したい
対応タイプ
小型
中型
大型
運転時の騒音を軽減する
静音モデルの除雪機が豊富
国産
メーカー
ヤマハ
  • 手押しの小型から中型の除雪機で、静音モデルタイプを展開!
  • エンジン部を囲い込んで騒音を低減する静音設計だから、深夜や早朝の除雪作業にも◎
こんな人におすすめ
  • ご近所さんが隣接しているので、運転音が軽減された除雪機が欲しい
対応タイプ
小型
中型
大型
今回調査した
除雪機メーカー
ワドー(和同) / ホンダ / クボタ / ヤマハ / ヤンマー / 工進 / フジイコーポレーション / ハイガー / ヤナセ
選定基準

「除雪機 メーカー」とGoogle検索、表示された上位9位のメーカーをピックアップ。(2022年1月7日調査時点)
・豊富なラインナップ…9メーカーのうち、最も除雪機が多かったメーカー(ワドー(和同))
・低価格…9メーカーのうち、最も低価格の除雪機を多く扱っているメーカー(ハイガー)
・静音モデル…9メーカーのうち、最も静音モデルが多かったメーカー(ヤマハ)