除雪機専門メディア‐雪ブンブン‐ 失敗しない除雪機購入GUIDE » 除雪機の基礎知識 » 家庭用除雪機を購入するときに補助金はある?
PAGE TOP

家庭用除雪機を購入するときに補助金はある?

家庭用の除雪機を購入する場合、少しでも購入費用を抑えたいと思いますよね。購入を検討しているのであれば、まずはお住みの自治体をチェックしてみましょう。自治体によっては除雪機を購入するための費用を補助する制度が設けられているケースがあります。このページでは、補助金が活用できる自治体の例を紹介するので参考にしてみてください。

個人で使える補助金制度

一般的に除雪機の補助金制度は個人を対象にしたものではなく、ほとんどが地域などの大きなグループを単位としたケースです。そのため個人で購入した場合は補助金が受け取れないこともあります。以下からは個人単位で使える補助制度のある自治体を紹介していきます。

【山形県新庄市】小型除雪機等購入費補助金

制度の内容

山形県の新庄市では小型の除雪機などを購入する際に補助する制度が設けられています。事業所・団体での申請はできないので注意してください。申請する際は申請書だけでなく、見積書の写しや小型除雪機などのカタログなどの書類が必要となるので、ミスのないように申請書類一式を準備しましょう。申請書や同意書は市のホームページからダウンロードすることも可能です。

条件

  • 新庄市に住所のある個人による申請
  • 市税等の税金の滞納がない方
  • 新庄市内に本店・支店・営業所などの店舗がある業者から購入する方

上記の全ての条件を満たした場合に申請することができます。ただし申請手続き前に除雪機を購入した場合、補助金の交付対象外になるので注意してください。

対象の機械

  • 家庭用小型除雪機
  • 農耕用機械に接続する除雪用アタッチメント
  • 融雪機等の消融雪を行う機械及び器具

※購入費用が5万円以上のもの

補助額

購入費用の1/10以内とし、上限5万円(千円未満の端数がある場合は切り捨て)

参照元:新庄市公式サイト( https://www.city.shinjo.yamagata.jp/s012/020/050/20210705155826.html

【島根県安来市】小型除雪機購入費支援事業

制度の内容

冬季の安全かつ安心できる生活を確保する目的で、安来市の住民が自ら除雪作業をおこなう際に必要となる除雪機の購入費用を補助するための制度です。個人・複数人の共同団体・自治会など人数に関わらず申請できます。

条件

  • 乗用でない新品の除雪機を購入する場合
  • 安来市内に本店・支店を有する事業者から購入する場合
  • 除雪機の購入をする前に申請する場合
  • 申請者かつ申請者と同一世帯のものや申請団体が、この補助金の交付を過去に受けていない場合

上記のすべてを満たした場合に交付を受けることが可能です。中古の除雪機や購入した後だと交付が受けられないので注意してください。

補助金の対象者と補助額

市内に住所を有する個人

  • 補助率:購入費の1/2以内
  • 補助金上限額:10万円

複数の個人(同一住所のものを除く)による共同利用

  • 補助率:購入費の1/2以内
  • 補助金上限額:人数×10万円、ただし30万円を限度とする。
  • 補足:2人で申請は上限20万円、3人以上での申請は上限30万円となります。

自治会(安来市自治会振興に関する規則に定める自治会)

  • 補助率:購入費の2/3以内
  • 補助金上限額:構成世帯数×10万円、ただし50万円を限度とする。
  • 補足:1~4世帯までの自治会は世帯数×10万円が上限額、5世帯以上の自治会は、上限額が50万円となります。

自主防災組織(複数の自治会で構成されている自主防災組織)

  • 補助率:購入費の2/3以内
  • 補助金上限額:構成自治会数×50万円

市内に設置された生活支援協議体

  • 補助率:購入費の2/3以内
  • 補助金上限額:組織の除雪範囲に含まれる自治会数×50万円

※なお、補助金額は、1,000未満切り捨てとなりますのでご注意ください。

申請期限と申請に関しての注意

申請書・同意書・構成員名簿・見積書・カタログ・除雪個所位置図などの申請書類が必要となります。ただ予算がなくなり次第、終了となってしまうので申請する前に確認を行い、早めに申請を行ってください。また事前申請のみ受け付けしているため、購入前に申請する必要があるため注意しましょう。書類で不備がある場合、申請者に連絡することもあるので日中に連絡がつく番号を必ず記載してください。

参照元:安来市公式サイト( https://www.city.yasugi.shimane.jp/kurashi/shiminkatsudo/chiikizukuri/triangle.html

団体や企業で使える補助金制度

団体や企業で除雪機を購入するケースもあるでしょう。そういうケースでも除雪機購入に関する補助金制度があります。どのような制度があるのか具体的に紹介するのでチェックしてください。

業務改善助成金

制度の内容

業務改善助成金とは中小企業・小規模事業者の生産性の向上を支援する目的で設けられた制度で、事業場内での最低賃金引き上げを図る制度です。生産性向上を目的とした設備投資などを行い、事業場内最低賃金を一定額以上引き上げた際に費用の一部を助成しています。

支給の条件

  • 賃金引き上げの計画を策定すること
    事業場内最低賃金を一定額以上引き上げること
  • 引上げ後の賃金額を確実に支払うこと
  • 生産性向上に必要となる機器・設備やコンサルティングの導入や人材育成・教育訓練を実施することによって業務改善を行い、その費用を支払うこと
  • 解雇・賃金の引き上げ等の不交付事由がないこと など

上記のような内容が申請条件です。申請するにあたって必要な書類もあるので、スムーズに申請するためにも書類一式をしっかりと揃え、ミスのないように申請手続きを行って下さい。

助成額

申請するコースごとに引き上げ額が定めてあり、事業場内最低賃金をそれ以上に引き上げたケースで、生産性を向上するために設備投資にかかった費用に助成率をかけて算出した金額を助成します。申請コースによって助成対象事業場・引き上げ額・助成率・引き上げる労働者の人数・助成の上限額が決まっているので、コースを選ぶ際に注意してください。 また千円未満末端は切り捨てとなります。

除雪で助成金を活用した事例

RECOMMENDATION
おすすめの除雪機メーカー 3選

除雪機専門メディア「雪ブンブン」では、主要な除雪機メーカー9社・125製品をとことん調査。調査で浮かび上があった各メーカーの特徴をピックアップ!どのメーカーの除雪機を選べばよいのかわからない方は、ぜひ参考にご覧ください。

高性能で馬力のある
除雪機のラインナップが豊富
国産
メーカー
ワドー
  • ホンダの除雪機製造をはじめ、クボタ・ヤンマーの除雪機をOEM製造。品質の高さは同業者からも支持されている老舗メーカー
  • 自社で開発・製造をしているため、扱いやすさを追求した除雪機が魅力!
こんな人におすすめ
  • 馬力があり、扱いやすい除雪機が欲しい
  • たくさんの除雪機の中から、自分にあうものを探したい
対応タイプ
小型
中型
大型
2万円~10万円代の小型で
低価格な除雪機が豊富
中国
メーカー
ハイガー
  • 中国の自社工場で一括生産体制を組むことにより、安価を実現!
  • 楽天・ヤフー・AmazonのECサイトで手軽に購入が可能
  • 日本語の説明付きで、組み立ても簡単
こんな人におすすめ
  • 収納に困らないコンパクトな除雪機がほしい
  • ちょっとした庭先の除雪やママさんダンプより楽に除雪したい
対応タイプ
小型
中型
大型
運転時の騒音を軽減する
静音モデルの除雪機が豊富
国産
メーカー
ヤマハ
  • 手押しの小型から中型の除雪機で、静音モデルタイプを展開!
  • エンジン部を囲い込んで騒音を低減する静音設計だから、深夜や早朝の除雪作業にも◎
こんな人におすすめ
  • ご近所さんが隣接しているので、運転音が軽減された除雪機が欲しい
対応タイプ
小型
中型
大型
今回調査した
除雪機メーカー
ワドー(和同) / ホンダ / クボタ / ヤマハ / ヤンマー / 工進 / フジイコーポレーション / ハイガー / ヤナセ
選定基準

「除雪機 メーカー」とGoogle検索、表示された上位9位のメーカーをピックアップ。(2022年1月7日調査時点)
・豊富なラインナップ…9メーカーのうち、最も除雪機が多かったメーカー(ワドー(和同))
・低価格…9メーカーのうち、最も低価格の除雪機を多く扱っているメーカー(ハイガー)
・静音モデル…9メーカーのうち、最も静音モデルが多かったメーカー(ヤマハ)