PAGE TOP

除雪機のオイル交換は必要?

結論から先に言いますと、答えは“Yes”となります。除雪機は自動車やオートバイなどと同じく、定期的にオイル交換を行わなければなりません。ここでは交換が必要な理由やオイルがどのような役割を果たしているかについて詳しく説明しています。

エンジンオイルが担う役割

潤滑作用

エンジンは金属のパーツで構成されており、内部の部品が動くことで動力を発生させています。その際、金属同士が擦れあうと部品が摩耗してしまうため、オイルによる金属同士の間に膜を作り、摩擦を軽減させているのです。

密閉作用

エンジンの内部では円筒のシリンダーの中でピストンが空気と燃料の混合器を圧縮して爆発させることで動力を発生させています。その隙間をオイルが埋めることで、燃焼効率を高め、パワーを発生できるようにしています。

冷却作用

エンジンは適切に冷却を行う必要があります。一定以上に熱を持つと、いわゆるオーバーヒート状態となり、馬力が出なくなります。空気や専用の冷却水とともに、オイルもエンジンの冷却する役割を担っています。

防錆作用

エンジン内部の部品は大部分が金属製。エンジン内部には空気中の水分が入り込みますが、その水分が金属面に付着し錆が発生してしまうのを、エンジンオイルによって防止しています。

洗浄作用

エンジンの内部には燃料が燃焼した際の煤や部品同士の摩擦による鉄粉などが発生します。エンジンオイルには、そうした不純物を洗い流す作用もあります。

なぜ除雪機のエンジンオイル交換は重要?

エンジンオイルは、エンジンが正常に働き、適切にパワーを発生させるために重要な役割を担っています。人間で例えるならば、血液に相当すると言ってよいでしょう。

しかし、人間の血液は心臓を通ることで浄化されますが、エンジンオイルは使用すればするほど劣化が進んでいき、役割を果たせなくなってしまうのです。そのため、定期的にエンジンオイルの交換が必要になるのです。

考え方としては自動車やオートバイなどと全く同じですが、実はそれらのエンジン以上に、除雪機のエンジンオイル交換は重要なのです。理由は用いられているオイルの分量の違い。例えば普通自動車であれば約4L程度、車種によってはそれ以上のオイルが用いられますが、除雪機の場合は500ccから1L程度がせいぜい。つまり、より少ない分量のオイルで必要な役割を果たさなければならず、その分、劣化もより早く進んでしまうのです。そのため除雪機のエンジンオイル交換は自動車やバイク以上に重要なのです。

除雪機のエンジンオイルの交換目安について

メーカー推奨の交換頻度を確認

例えばスポーツカーなどエンジンをより酷使する車種の場合は走行3,000km程度、一般的な乗用車でも走行5,000kmから10,000km程度で交換というのが推奨されています。ただし、これらはあくまでも大まかな目安に過ぎません。

エンジンオイルは、たとえ走行距離が少なくても、封を切って空気に触れた瞬間から劣化が始まります。そのため、前回の交換から半年から1年程度したら、走行距離が少なくても交換すべきとされています。

では、除雪機の場合はどうでしょうか?基本的には自動車やオートバイのエンジン程には高回転で使用する訳ではありませんので、原則としては各メーカーが推奨している交換頻度を目安にすればよいでしょう。

メーカーや機種によって多少の違いはありますが、除雪機のオイル交換サイクルは多くの場合、新品として使用開始後、20時間経過の時点で一回目のオイル交換を行い、それ以後は50時間経過するごとに交換するということになっています。基本的には、この手順で行えばよいでしょう。

自動車やオートバイの世界でもよくあることですが、個人の意識や考え方によって、オイル交換の頻度は変わってきます。自動車やオートバイの愛好家のなかには、メーカー推奨サイクルよりも短い頻度でオイル交換を行い、コンデションを維持するということを実践している方がいますが、除雪機の場合でも、20時間ごとのオイル交換にこだわっているという方もいるとのこと。あくまで個人の考え方によるものですが、上記のようにオイル交換をまめに行うことは、少なくとも悪い事ではなく、除雪機の調子を維持するのには大いに役立つと言えます。

一方で、もうひとつ考慮すべきポイントは、除雪機には使用しないオフシーズンがあるという点。この間のオイル交換についても解説していきましょう。

オフシーズン前のメンテナンス時と、シーズン突入前の交換が理想

除雪機の多くは50時間ことのオイル交換が推奨されていますが、地域やその年の気象状況によっては、1シーズンで50時間に満たないという場合もあることでしょう。そうした場合、指定サイクルに達していないので交換しなくてもよいと考えがちですが、あまりおすすめはできません。

ある程度劣化したオイルのままでオフシーズンに入るというのは、重大な故障やトラブルにつながる可能性があります。機械的にも使用者の心理的にも、あまりよいことではありません。

オフシーズン前に除雪機全体のメンテナンスをしつつ、新品オイルに交換した上で保管し、シーズンが到来したら使用を開始する前に改めて新品オイルに交換するというのがよいでしょう。さすがにそこまでするのはちょっと…という場合には、オフシーズン前のオイル交換は省いても、新シーズン前のオイル交換は確実に行うことをおすすめしておきます。

エンジンオイルを抜く際の注意点

古いエンジンオイルを抜く際に、ドレンボルトを外して抜くか、オイル注入口からポンプを使って抜く、という方法があります。

より手間がかからず、汚れも少なく、後始末もより簡単なのはポンプを使った方法で、そちらを支持する意見も多く見られます。しかし、メーカーが推奨しているのはドレンボルトから抜く方法。ポンプを使うやり方だと、エンジン内部に汚れたオイルが多少残ってしまうからというのが大きな理由です。

ただし、汚れたオイルが多少残っていても、大部分のオイルは新品となるので、そこまで気にする必要はないという意見もあります。

オーガオイルの交換目安について

除雪機にはエンジンオイルの他に、もうひとつ別のオイルが必要になります。除雪機の動力を伝達するオーガミッションの潤滑油である「オーガミッションオイル」です。自動車やオートバイのミッションオイルに相当します。

ただし、エンジンオイルのように複数の役割を担っている訳ではなく、文字通りオーガミッションの潤滑のみを行っているので、エンジンオイル程には劣化しません。また実際には交換ではなく、減った分を補充するという方式になります。多くの機種では、年1回、保管期に入る前のメンテナンス時に追加注入すればOKとされています。

オーガオイルのタイプはマニュアルや仕様書で確認

一方、オーガオイルに関する注意点としては、ギアミッションオイルを注入するタイプと、グリスガンを用いてグリスを注入するタイプがあることが挙げられます。どちらのタイプなのかは、製品のマニュアルや仕様書で確認できますので、予めチェックしておくことが重要です。

RECOMMENDATION
おすすめの除雪機メーカー 3選

除雪機専門メディア「雪ブンブン」では、主要な除雪機メーカー9社・125製品をとことん調査。調査で浮かび上があった各メーカーの特徴をピックアップ!どのメーカーの除雪機を選べばよいのかわからない方は、ぜひ参考にご覧ください。

高性能で馬力のある
除雪機のラインナップが豊富
国産
メーカー
ワドー
  • ホンダの除雪機製造をはじめ、クボタ・ヤンマーの除雪機をOEM製造。品質の高さは同業者からも支持されている老舗メーカー
  • 自社で開発・製造をしているため、扱いやすさを追求した除雪機が魅力!
こんな人におすすめ
  • 馬力があり、扱いやすい除雪機が欲しい
  • たくさんの除雪機の中から、自分にあうものを探したい
対応タイプ
小型
中型
大型
2万円~10万円代の小型で
低価格な除雪機が豊富
中国
メーカー
ハイガー
  • 中国の自社工場で一括生産体制を組むことにより、安価を実現!
  • 楽天・ヤフー・AmazonのECサイトで手軽に購入が可能
  • 日本語の説明付きで、組み立ても簡単
こんな人におすすめ
  • 収納に困らないコンパクトな除雪機がほしい
  • ちょっとした庭先の除雪やママさんダンプより楽に除雪したい
対応タイプ
小型
中型
大型
運転時の騒音を軽減する
静音モデルの除雪機が豊富
国産
メーカー
ヤマハ
  • 手押しの小型から中型の除雪機で、静音モデルタイプを展開!
  • エンジン部を囲い込んで騒音を低減する静音設計だから、深夜や早朝の除雪作業にも◎
こんな人におすすめ
  • ご近所さんが隣接しているので、運転音が軽減された除雪機が欲しい
対応タイプ
小型
中型
大型
今回調査した
除雪機メーカー
ワドー(和同) / ホンダ / クボタ / ヤマハ / ヤンマー / 工進 / フジイコーポレーション / ハイガー / ヤナセ
選定基準

「除雪機 メーカー」とGoogle検索、表示された上位9位のメーカーをピックアップ。(2022年1月7日調査時点)
・豊富なラインナップ…9メーカーのうち、最も除雪機が多かったメーカー(ワドー(和同))
・低価格…9メーカーのうち、最も低価格の除雪機を多く扱っているメーカー(ハイガー)
・静音モデル…9メーカーのうち、最も静音モデルが多かったメーカー(ヤマハ)